一戸建てを買う前に

一戸建て住宅は、大抵が購入に際して住宅ローンを組むことになりますが、ローン返済前であっても、購入時点から自分の資産となるものです。
賃貸住宅の場合、住み続ける限り一生家賃を払い続けなければならず、支払うばかりで最終的に自分のものにはなりません。
その点、一戸建ての住宅ローンは、購入資金を返済するために発生するものであって、いずれ完済すれば、必要なものは管理費のみになります。
住宅ローンに縛られることを好まない人も多いですが、実際、賃貸住宅に長く住み続けると、資産にならないものに対する累計額は膨らむばかりです。
一戸建て購入と賃貸住宅では、同じように住宅に対して支払うものであっても全く意味が異なるということを理解しておきましょう。

一戸建ては、住宅ローンが完済すれば完全に自分のものとなるため、老後も安心して暮らしつづけることができます。
高齢化社会にもかかわらず、公的住宅を除いた賃貸住宅は、高齢者への貸し渋りが増加しているため、老後の安心を手に入れるためにも一戸建て購入には意義があるといえるでしょう。
住宅ローン完済後には、家計への負担額も少なくなるため、生涯安心して暮らすことができます。

一戸建てを購入する場合は、マンション購入とは異なり、土地そのものを含めて購入することになるため、家族の年齢やライフスタイルに合わせて建て替えをすることが可能になります。
子どもの成長や親との同居など、生活の変化に応じた増築、リフォームなども自由に行うことができます。
一戸建てに付属する建物外部の庭面積等のスペースも所有物となるため、ペットが自由に飼えたり、物置として利用できるなどの自由度の高さも一戸建てならではといえるでしょう。