遠隔管理、削除が可能な暗号化ソフト

企業にとって自社の情報は何にも代えがたい最も価値のある資産といっても過言ではありません。
けれど、その情報も退職者によって、また委託先への個人情報の開示などにより、その大切な情報が漏れてしまう場合も少なくはありません。
そこで大切な情報のファイルを社外流出から守る必要があり、そういったときに役立つのが暗号化ソフトです。
その暗号化ソフトも様々な会社の製品が販売されていますが、その中でも情報漏洩対策にしっかりとした効果を発揮するソフトがFinalCodeです。
このソフトの優れた点はなんといっても遠隔操作によりファイルを削除出来るという点です。
渡したファイルもそのファイルの所有者の意思で削除出来るため、万が一持ち去られるようなことがあっても安心出来ます。
また手元を離れたファイルはアクセスログによりしっかりと管理が出来るためいつ、どこで、誰が、といったことがわかるので大切なファイルの行方をきちんと管理することが出来ます。
そしてこういった管理が可能なためファイルにパスワードを設定する必要はありません。
パスワードは開く側にとっても一手間かかるのでこういったわずらわしさもなくなります。
このようにFinalCodeは大切な情報を管理するのに適した暗号化ソフトです。おすすめはコチラ